サラ金と闇金の違いとはなにか

サラ金と闇金は分別すると貸金業になりますが、その中身は全く違う業者になります。

まず、サラ金とは今でいう消費者金融のことです。過去にはサラリーマンを対象に融資を行っていたことから、そうした呼称がつきました。
貸金業法が改正される以前は違法金利での貸付や違法取り立てがあったことは事実として記事に残っていますが、貸金業法が施行されてからはそうした問題はなくなり、クリーンな取り引きができる会社となっています。近年では銀行と提携する消費者金融も少なくはなく、より安全性が高まりました。

対して闇金は違法業者です。今も昔も変わらず違法金利での貸付や違法取り立てなどを行っており、法律は関係ありません。
もちろん法律が適用されないというわけではなく、違法貸付は契約自体が無効になるので返済の義務はないとしていますが、とはいえ、解決するには弁護士の介入も必要になってくるでしょう。それほど怖い存在なのです。
一般的には貸付を行っていますが、近年ではクレジットカード現金化を行う闇金もいます。現金化とは、クレジットのショッピング枠を使って現金を入手する方法ですが、取り引き自体は法律上グレーゾーンとなっており、カード会社では規約上で禁止している行為です。
現金化は一見して借り入れよりも効率よくお金が手に入るとされていますが、実際には通常の金利よりもかなり高い手数料を払っていることになります。

利用する際には、正規の会社か違法な会社かという大きな違いがあるので注意しましょう。