未成年でも借りれる金融機関とその方法

残念ながら未成年でも借りれる金融機関はありません。どの貸金業者も申し込みができるのが成人からとなっていますので、申込みをしても断られます。身分証明書の提出を求められますので、どんなに食い下がっても受け付けてもらえないでしょう。ただし条件に限り、未成年でもキャッシングをしてお金を借りることができる可能性があります。

その条件は結婚をしていることです。唯一未成年であってもその枠組みから外されることでカードローンに申し込みをすることができます。社会人であっても学生であっても問題はありません。ただ金融機関にしてみれば、成人ではない人に融資をしたくない気持ちの方が強いです。結婚をしていれば申し込みをすることができますが、審査を通過するのかは別問題になります。

あともうひとつお金を借りる条件があります。それはクレジットカード会社に申し込みをすることです。クレジットカードには、ショッピング枠の他にキャッシング枠がついていることから、それ利用することで現金を借りることができます。ただし少額になり、場合によってはその枠さえも付かないことがあり、ここにも成人未満の人には貸金業者が貸したくない思惑を感じることができます。

未成年でも借りれる金融は非常に限られていると言えます。だからといって闇金融業者から借りるようなことをしてはいけません。後悔する日々が待っていますので、そのようなことをしないように気を付けてください。